1. ホーム >
  2. 人間ドック・健診 >
  3. 最新型3Dマンモグラフィ撮影装置のご紹介

最新型3Dマンモグラフィ撮影装置のご紹介

当院では、乳がんの早期発見に期待できる、断面画像撮影が可能な3Dマンモグラフィを導入し、より精度の高い乳がん健診を提供します。
マンモグラフィの撮影では、乳腺組織を見やすくするために乳房を薄く広げながら圧迫します。しかし従来の2D撮影では、乳腺の厚さによっては病変と乳腺組織とが重なり、病変部が分かりにくくなることがありました。
3Dマンモグラフィは、撮影角度を変えて複数の方向から撮影し、収集したデータを3次元的に再編成することにより画像の重なりを排除するため、病変の判定が従来以上に容易になりました。































撮影について

撮影時の姿勢、圧迫回数等は従来のマンモグラフィと変わりません。
3D撮影にあたっては、X線管球が自動で動きながら、CTのように身体を薄くスライスしたような画像(断層撮影)を1ミリ間隔で撮影します。

関連ファイル

ページトップへ戻る