1. ホーム >
  2. 外来のご案内 >
  3. 特殊(肝臓・腎臓・呼吸器)外来

特殊(肝臓・腎臓・呼吸器)外来

肝臓外来

肝臓病の原因には種々の原因がありその多くは肝炎ウイルス感染です。
慢性肝炎は、肝臓の細胞が長期間にわたり持続する炎症によって壊れる病気です。肝炎ウイルス感染や多量の飲酒習慣などによって、肝臓に線維が蓄積して硬くなり、肝硬変や肝臓がんを合併する場合もあります。
慢性肝炎に特有の症状はなく、多く場合は血液検査の異常で発見されます。
中でもC型肝炎ウイルス感染が多く、慢性肝炎、肝硬変、さらには肝がんへと進展し、余儀なく病気の程度に応じた治療を早期に受ける必要があります。
当院ではウイルスに応じたインターフェロン治療を外来通院で積極的に行っています。

診察日

毎週金曜日  午前9時~午前11時30分(予約以外でも可能)

お問い合わせ

内科外来

※診察で混み合うため、平日の午後3時~午後5時でお願いします。


腎臓外来

健康診断による検尿異常(蛋白尿や血尿)の精密検査から腎炎、ネフローゼ、糖尿病・高血圧やリウマチを含む膠原病などに基ずく腎臓病、遺伝性の腎疾患など腎臓病全般の診断と治療を行います。腎臓病に対し進行を少しでも遅らせるため、日常生活のコントロールや食事指導など力を入れています。

慢性腎臓病(CKD)の患者さんに対しては、専門医、外来看護師、透析看護師、各担当が連携し、薬物療法、食事療法(管理栄養士による個人指導)、外来受診時面談をし、透析導入をできるだけ回避するよう全力をあげて診療にあたっています。

診察日

第1,3,5  水曜日(予約制)


呼吸器外来

呼吸器専門外来では、主に肺機能に関連した疾患の検査、治療、及び症状に伴う生活習慣の改善、必要に応じては在宅酸素導入における継続的な支援を行っております。
健康診断で肺機能低下を指摘された方や、長年の喫煙習慣、体動時の息切れ、呼吸苦、痰が多い、持続的な咳など気になる方は早めの受診をお勧めします
受診時は、肺に酸素が十分行き届いているかその場で簡易的検査をさせていただきます。
当院での無呼吸症候群の検査はできませんが、検査後紹介状があれば当院での継続治療も可能です。

診察日

毎週水曜日  午後1時~午後4時30分(予約制)

お問い合わせ

内科外来

※診察で混み合うため、平日の午後3時~午後5時でお願いします。

ページトップへ戻る