1. ホーム >
  2. 部門紹介 >
  3. 診療部 >
  4. 整形外科

整形外科

特徴

整形外科とは、運動器の外傷や病気を扱う診療科ですが、当院では外傷全般(骨折や脱臼、手足の神経、血管および筋腱の損傷)に加えて、上肢の外科や先天性四肢疾患、脊椎疾患の診療を行っています。

主な疾患

上肢では、肩の痛みを主症状とした肩関節周囲炎(五十肩、石灰沈着性腱板炎、肩腱板断裂を含む)、肘関節症や手関節症とそれに合併して起きる肘部管症候群や手根管症候群など、手や指のシビレを主徴とする末梢神経障害、さらに腱の自然断裂などが多くみられます。足部では、扁平足や外反母趾など靴に関連した障害の相談を受ける機会も増えています。

新生児検診や、近隣の産院で出産された合指症や多指症など、先天性四肢障害のお子さんがおられた場合は、医療相談や治療に当たっています。

脊椎疾患では頚椎症、頚髄症、さらに椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に代表される腰痛や、下肢痛を主徴とした疾患の保存的治療から手術治療まで幅広く扱っています。

麻酔科専門医のペインクリニックと連携した保存療法も行っています。手術では、より安全かつ低侵襲を目指して顕微鏡下で行うことも取り入れています。

スタッフ

松江  練造

 整形外科科長
リハビリテーション科科長(兼)
昭和63年  信州大学卒業

  • 資格
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄医
  • 学会
    日本整形外科学会
    日本脊椎脊髄病学会
    日本脊椎脊髄手術手技学会
  • 担当・専門
    脊椎疾患

保坂  正人

整形外科科長
昭和56年  信州大学卒業

  • 資格
    日本整形外科学会認定整形外科専門医
    日本手の外科学会認定手の外科専門医
  • 学会
    日本整形外科学会
    日本手の外科学会
    日本肘関節学会
    日本肩関節学会
    中部日本整形災害外科学会
    関東整形外科災害外科学会
  • 担当・専門
    整形外科学一般    上肢の外科

清水  政幸

整形外科医長
平成13年  愛媛大学卒業

  • 資格
    日本整形外科学会専門医、脊椎脊髄病医
    日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄病指導医
    医学博士 
  •  学会
    日本整形外科学会
    日本脊椎脊髄病学会
    中部日本整形外科災害外科学会
    日本側弯症学会     
  • 担当・専門
    整形外科学一般    脊椎脊髄病外科

杉本  良洋

名誉院長
昭和49年  信州大学卒業

  • 資格
    日本整形外科学会専門医
    医学博士
  • 学会
    日本整形外科学会
    日本手の外科学会
    日本先天異常学会
    日本肩関節学会
  • 担当・専門
    整形外科一般
    上肢の外科
    手足先異常
 

ページトップへ戻る