1. ホーム >
  2. 部門紹介 >
  3. 看護部 >
  4. 5階病棟

5階病棟

病棟の基本指針

5階病棟

    内科疾患を主体とし、急性期医療・慢性期医療・高齢者医療に至るまで、患者さんやご家族に対し、安心と安全の医療、心の通った医療を提供します。

H27年度  5階病棟目標

Ⅰ.患者の視点に立った看護過程の展開ができる(家族とともに看護できる)
Ⅱ.5S活動の実施(接遇  環境整備、連携、知識、技術習得)
Ⅲ.スムーズな入退院調整

病棟の概要

5階病棟スタッフ

  5階病棟は、東棟、西棟が病棟になります。
  東棟は、内科、脳外科、急性期疾患の患者さん、慢性期の患者さんが入院されます。高齢化しており一人でいくつかの疾患を持っています。
  西棟は、脳外科・糖尿病・腎疾患を持つ慢性期疾患の患者さん、癌化学療法・内視鏡検査目的の患者さんが多く入院されます。年齢層も様々です。
  患者・家族と関わりを多くし、きめられた入院期日の中で最善の看護を提供する事が私たちの使命と思っています。
  各々の分野で研鑽したスペシャリストを中心に皆で力を合わせ、よい看護の提供が出来るよう、又患者さんの安心・安楽・安全を第一に考えスタッフは常に、患者さんに寄り添う看護を行っていきたいと考えています。

認定看護師

≪慢性呼吸器疾患看護認定看護師≫1名  ≪認知症認定看護師≫1名≪日本糖尿病療養指導士≫1名 ≪県糖尿病療養士≫1名  ≪腹膜透析指導看護師≫1名

ページトップへ戻る