1. ホーム >
  2. 部門紹介 >
  3. 看護部 >
  4. 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

  松本市立病院は地域の皆様にご利用いただける病院を目指し、急性期のみではなく、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟という様々な機能を有する病院へと変化致しました。時代やニーズにより病院の機能が変化するなかで、看護職は皆様の期待に応えられます様、日々研鑽を積み重ねております。最近は、在宅や地域の集まりなど、より住民の皆様の生活に近い場に呼んで戴く機会も増えて参りました。外来、病棟だけではなく、手術室、腎・透析センター、訪問看護ステーション、健康管理室など様々な場で、患者さん・ご家族と出会う看護職がプロフェッショナルとしての役割を発揮できる病院づくりを目指しています。また、入院される方の高齢化に伴い、介護職の人員配置も目指しております。これからも皆様から信頼される病院を目指して参りますので今までと同様のご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。                                                                      
                                                  看護部長  山名寿子

ページトップへ戻る