1. ホーム >
  2. 病院紹介 >
  3. 松本市立病院 病院建設事業

松本市立病院 病院建設事業

  現病院は、建設から30年が経過し、施設の老朽化・狭隘化への対応が必要となっています。
  長野県地域医療構想を踏まえ、松本市立病院が策定した新公立病院改革プランに基づき、医療を取り巻く環境変化に対応できる体制を構築し、将来に亘り持続可能な医療を提供できる公立病院としての役割を果たすため、移転建替による新病院の建設に向け準備を進めています。                                                                              

松本市立病院建設検討委員会

  外部有識者による松本市立病院建設検討委員会を設置し、病院建設に向けた市立病院の在り方を検討いただきました。

  平成29年6月22日に松本市立病院建設検討委員会杉山敦委員長(松本市医師会長)と平林大喬副委員長(松本市町会連合会長)から菅谷昭松本市長に提言が提出されました。

                                                                            (検討委員会の詳細は下記リンクをご覧ください。) 

 

関連リンク

関連ファイル

ページトップへ戻る