1. ホーム >
  2. 部門紹介 >
  3. その他の部門 >
  4. 事務部

事務部

紹介

事務部は医療スタッフが円滑に仕事ができるよう、潤滑油としての役割を果たしており、経営支援、経理、管財、用度等を行う庶務係、病院窓口、診療費の請求等を行う医事係があります。

医療を取り巻く状況が刻々と変化していく中、病院の経営手法や診療体制には常に新しい課題が降りかかりますが、これを常に前向きにとらえ、市民の皆様に愛される病院とするために、日々努力を重ねていきたいと考えています。

今後も事務部だけでなく病院スタッフと連携し、患者さんにとってより良い医療を提供できるよう取り組んでまいります。

総務担当

総務担当は経営支援、人事、給料、各種支払のほか薬品、消耗品等の材料、MRIや人工呼吸器等の医療機器の購入、また建物、各種設備の管理、修理等も行うなど仕事は多岐にわたります。

特に経営においては、国の医療費削減の方向等、厳しい状況の中で、今まで以上に経営感覚を発揮し、安定した経営基盤の強化に向けて努力していきます。

患者さんと関わることは少ないですが、今後も縁の下の力持ちとして、影となり、日向となり病院を支えていきます。

医事担当

医事担当は外来・入院患者の受付、診療費の算定、一部負担金等診療費の収受、病院の収入源である診療報酬請求事務、更に各種施設基準の届出、統計業務等を行っております。

医事担当は、来院された患者さんに最初に接する病院の入口です。また診療を終えて、お帰りの際にも接する病院の出口としての一面もあります。

このように患者さんと接することが多い部署でありますので、常に患者さんの立場に立ち、誠意ある態度で対応することを心がけています。医事係職員一同、微力ではありますが、診療費の計算について、料金のお支払いについて、また利用出来る各種制度について患者さんからのお尋ねやご質問に適切かつ正確な対応が出来るよう、常日頃より励んでおりますので、何かお気づきの点などございましたらご遠慮なくお申し付け下さい。

ページトップへ戻る