1. ホーム >
  2. 部門紹介 >
  3. その他の部門 >
  4. 居宅介護支援事務所

居宅介護支援事務所

居宅介護支援事業所では、要介護認定されたご本人及びご家族の方のご依頼により、介護保険に係わる業務を適切かつ迅速に対応させていただいております。
主には介護サービスの利用計画(ケアプラン)の作成や、円滑にサービスが利用できるよう関係事業者との連絡・調整を行うなど、利用者がサービスを受けるためにサポートをします。
同施設内に訪問看護ステーションも併設されており、連携を取りながら業務を行っております。

(松本市役所  波田支所内)

主な業務内容

※無料で対応します。

  1. 介護に係わるご相談
  2. 要介護認定申請・更新の手続き代行
  3. ケアプラン(居宅介護サービス計画)の作成
  4. サービス事業者との連絡調整
  5. 市町村、保健医療福祉サービス機関との連絡調整
  6. 施設入所、退所支援
  7. 居宅サービス利用時の苦情や疑問の受付対応

ケアプラン作成の流れ

※費用は無料です

  1. お申込み
    お電話でお申し込みできます。
  2. 状況の把握
    利用者及び家族に面接して、情報を集め、解決すべき課題を把握します。
  3. ケアプランの作成
    提供されるサービスの目標、その達成時期、保険給付の対象となるか否かの区分した上で、利用する本人の希望や心身の状態をよく考慮して、適切なプランを作成します。
  4. 内容の確認
    サービスの種類、内容、利用料など利用者本人と家族に説明し、利用者の意向や希望に沿ったものであるかどうか確認します。
  5. サービス開始
    各サービス事業者と契約し、サービスが開始となります。
  6. モニタリング
    定期的にケアマネージャー(介護支援専門員)がお宅を訪問して経過、状況の把握に努めます。

居宅介護支援事業所とは…

居宅介護支援事業所は利用者が住み慣れた自宅において、利用できるサービス(介護保険サービスだけでなく介護保険対象外サービスも含む)などの紹介やサービスの調整、居宅支援サービス費にかかる費用の計算や請求などを要介護者の代わりに行う事業所です。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは…

ケアマネージャー(介護支援専門員)は介護保険制度において、居宅介護支援事業所(ケアプラン作成機関)及び介護保険施設において、ケアプラン(介護サービス計画)を作成する専門職です。
ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護支援サービスの全過程において、要介護者を擁護し、要介護者自らの意志に基づき、身体的な自立を支援すると同時に、自分らしく生きることを支える立場にあります。
ケアマネージャー(介護支援専門員)は、常に利用者の視点に立って居宅介護支援を行っていきます。

ページトップへ戻る