1. ホーム >
  2. 病院紹介 >
  3. 理念・基本方針

理念・基本方針

病院の理念

地域の皆様から信頼され、全職員が患者さんと共に歩み、
患者さん中心の、「満足と安心」・「権利と安全」に配慮した医療を実践します。

病院憲章

松本市立病院は

  1. 患者さんの権利と尊厳を守り、人間愛を基本とした医療サービスを提供します。
  2. 常に医学・医療の水準の向上に努め、専門的かつ倫理的で安全な医療サービスを提供します。
  3. 診療情報の提供および開示を適切に行い開かれた医療サービスを提供します。
  4. 近隣の医療・保健・福祉・介護機関との連携を密にし、効果的で効率的な医療サービスを提供します。

私たち職員は下記のような患者さんの権利を尊重します。

  1. 人格と尊厳を尊重される権利
  2. 真実を知る権利・真実を知る権利を放棄する権利・プライバシー権
  3. 診療内容(診察、検査、診断、治療、看護)、予後、病状経過などについて十分な説明を受ける権利
  4. よく説明を受けた上で自分の判断で、自分の価値観に合う方法を選び自分が選んだ検査・治療・看護・ケアなどを受ける権利とこれらの医療行為を拒否する権利(自己決定権・選択権・拒否権・医師を選ぶ権利・病院を選ぶ権利)
  5. 最善の医療を受ける権利

私たち職員の真剣な討論の結果、当院の医療において、この憲章を如何なるときにも心に刻み、その完全な実現に向かって努力をしていかねばならないという共通認識に至りました。
今後、上記の憲章の精神にもとる行為や態度が、私たち職員にあると思われたときには、どんな事でも遠慮なく申し出てください。

病院の基本方針

松本市立病院は、松本市が目指す「健康寿命延伸都市・松本」の創造に向け、

 

(1)  松本医療圏の基幹病院の一つとして、西部地域を中心に急性期医療と回復期医療を提供します。

(2)  全人的包括医療を実践するとともに、新しい命の誕生から人生の終末期まで幅広く地域の皆さん

        を支えます。

(3)  へき地医療支援や感染対策、災害救急医療、予防医療等の政策医療を担う自治体病院として保健

        や福祉と連携し地域の皆さんの健康を守ります。

 

ページトップへ戻る